「いつも撮影に何を持っていかれるんですか?」イベント撮影機材のご紹介

イベント関連撮影の現場に行くとき、「何を持って行ってるんですか?」

そう聞かれることが多いので、書き出してみました。


・標準レンズ(24-70mmF2.8)
※暗いクラブでのイベントも多いので、F2.8になってしまいました

・望遠レンズ(70-200mmF2.8)
※上記同様
 フルサイズで使うと、印象的な写真が撮れやすいので、けっこう出番多い。

・広角レンズ(16-35mm)
※揃えるのは最後でも良いかもしれませんが、集合写真でけっこう必要

・単焦点(85mmF1.8)
※本当は50㎜欲しいけど、CanonのF1.4の評判が良くないからこれでやってます


・カメラ2台(EOS 5Dmark3)

・ストロボ2台(600EX-RT)

 

・メモリカード(16GBを8枚)
(イベントに耐えきれる量あれば大丈夫)

・交換用カメラバッテリー*2個

・ストロボ用バッテリー4本セット*4セット
(エネループプロ*16本。ストロボの電池は、現地に着くまで入れない。)
※ストロボに電池は入れっぱなしにしない

 

===

【扱いについて注意】

お金をかけたカメラ機材達。ですが、注意。

基本的に、大工さんのトンカチやカンナと同じ。

会場のテーブルの上などに、ドン!と置かないようにしましょうね。

====

 


・カードリーダー

・レンズペン

・シュポシュポも

・小型バック
(現場で肩から掛けて、交換レンズやバッテリー、メモリカードを身に着けておく)

 

・コンタクトレンズ
(目が悪いんです、、、時々風で飛ばされるので、、、)


当日のタイムテーブルなど、撮影関連資料


・脚立が必要そうな現場では、脚立も持参。
 事前に現地で借りれるか確認。
(結婚式の2次会パーティーでは現地で借りれることも多いが、事前確認が必要)


・社交ダンス撮影では、小さなキャンプ用椅子持参

 

・PC
(移動中に編集したりするので)

 

・ノート
(アイディアノート)

 

・携帯電話

 

【実は、この下が肝だと思ってます】

 

・財布は小さい財布に変える★
(荷物をどこに置くようになるかは、現地に入るまでわからない)
※これはけっこう大事。貴重品は極力減らしてます

 

・ビニール袋
(雨の時の移動に、カメラバックごとビニールで包んでしまう)

 

 

■あなたもイベントカメラマンになりませんか?

3か月で12コマの講座です。納得いくまで何度でも学べます!

イベントカメラマン養成講座で、自分の可能性を広げたい!自信をつけたい!稼ぎたい!