「いつかは、カメラマンに、、、」なんて、言ってる余裕ありません


「いつかは、カメラマンとして、活動してみたいです」

「いつかは、AKIRAさんと一緒に現場同行行きたいです」

「まだまだ腕が伴わないから、練習しておきます」


そういうことを言う人、多いですよね。





そう思ってるあなたに、あるお話しをしましょうね。




自分がカメラマンをやろうと決意したのは、3月11日の東北大震災があった直後のことでした。


東京でも震度5で、ビルの外壁がいたるところで落ちて散らばっている光景を、あなたは覚えてませんか??




いつまた、そういう日が来るかわかりません。




たまたま、あの時は、命は助かったけど、次はどうなるか、、、、





いつかは、やりたい。。。。


そういう思いがあったまま、何も出来ずに終わってしまうかもしれません。





なので、私は、カメラを買って1年でしたが、カメラマンをやろうと決めたのです。



その時、自分にあったのは

 ・カメラが好きという感情
 ・理由のない写真に対する自信

たった、この2つでした。
カメラはKISS X2でしたけどね。





もし、あなたにも同じ感情・自信があるなら、今すぐにチャレンジすべきです!!





いつかは、、、

そう待っている人は、一生、あなたの思い通りのことは出来ません。

普通に会社に勤めて、常に上から言われたこと、たとえ、それがあなたが望んだことでなくても、やり続ければ良いのです。





もし、あなたが、何かをやりたいなら、

あなたは、今すぐ、行動してください。

あなたが動かないと、何も変わりません。






「でも、何をやったら良いか、わからない」とか言わないで。

私の師匠や、私のブログをかたっぱしから、読んでください。





師匠のタクマクニヒロさんは、私をカメラマンにした人です。

ブログを読んでるだけで、カメラマンに必要なことがわかります。



自分は、その教えの中から、ダンス写真という枠組みの中で、実践しています。

稼ぐという体験を通じて、写真の価値を感じてもらう活動をしてます。








タクマさんのブログは→コチラ


私のブログに書いてる、ダンス撮影のススメは→コチラ